兵庫県加東市の歯科医院・歯医者さん ふくおか歯科 加西市、小野市、西脇市、三木市からもご来院「歯科医師・歯科衛生士求人・募集中」

CAD/CAMシステム

  • HOME
  • CAD/CAMシステム

CAD/CAMシステム

当歯科医院の治療は、全て綿密な衛生管理のもと、実施されております。

世界標準のリスク予防と審美性を兼ね備えた治療

CAD/CAMと呼ばれる3Dプリンタの技術を用いてあなたのお口の形状を精密にスキャンし、
セラミックのブロックをコンピューターにより正確に削りだして詰め物、被せ物を製作する画期的なシステムです。

当院では、最短1日で治療できる症例も

下に示した図は、CAD/CAMを用いた治療の流れを示しています。
通常は、詰め物被せ物の治療を行う際、歯の型を取り、専門の技工所と呼ばれる専門家に作成をお願いすることになるため、治療完了までに非常に時間を要しますが、CAD/CAMは当院内ですべての工程を完了できるため、
なんと、最短1日で!
むし歯の再発リスクが抑えられ、見た目にも綺麗な詰め物・被せ物を製作することが可能です。

CAD/CAMシステムのセラミックが、なぜ歯の予防につながるのか?

日本人のむし歯発生率は、欧米など先進国の中でワースト1だと言われています。これは、日本人が初期のむし歯にした際、多くの場合に「金属」の詰め物・被せ物を選択することもその1つとして考えられます。
一度、歯の治療を行うと、必ず詰め物や被せ物と、自分の歯の境目に“隙間”ができてしまいます。
この隙間にむし歯の原因菌が入り込み、手の施しようがないくらいまでむし歯を進行させてしまいます。
実は、むし歯が大きくなる本当の理由は、
「歯を削った 後の詰め物の隙間」なのです。
金属の詰め物、プラスチック(レジン)の詰め物は、この隙間が大きくなり、また近い将来、むし歯が再発するリスクを下げることが難しくなります。
下記の表にあるとおり、アマルガムやメタルインレー、また摩耗のはげしいレジンなどの平均寿命は非常に短くなります。
一方、CAD/CAMシステムによるセラミックの寿命は、この隙間を作りにくくすることができ、歯の汚れも付きにくいという性質から、平均寿命の観点からも非常に優秀な成績を残しており、結果として、歯の予防に貢献しているといえます。

歯の型取り・・・意外と苦手な人が多いんです

また、歯の治療というと、キーンという音や痛みが苦手という方が多いものですが、それと同じくらい「歯の型取り」が苦手という方がおられます。
大きくお口をあけて、金属の大きな器具を口に含み、数分間じっとしておかなければならないこの作業。これまでの詰め物や被せ物の治療では避けては通れない工程でした。
この時に、多くの患者様が「オエッ」となる、つまり嘔吐反射が生じてしまい、とても辛い思いをすることになります。
しかし、このCAD/CAMシステムを用いた治療法では、なんとこの「歯の型取り」が必要ありません!
なぜならば、CAD/CAMシステムは、お口の中をカメラ撮影することで、最新の3Dプリンタ技術によりスキャンして作成します。したがって、「型を取ることなしに、詰め物や被せ物を、精密に作り上げることができる」のです。
CAD/CAMシステムにより、不快な型取りから解放され、白く美しい歯が、最速快適に手に入る時代になりました(ただし、CAD/CAMシステムでは対応できない症例もありますので、必ず事前の検査が必要です)。

電話メール